フリーランスに戻るしかないかな…

2016/6/30をもちまして、現在の契約社員の期間が満了します。

延長の申し出はありましたが、契約社員になった時と実務に就いた時の内容の乖離が激しい事等の他にも人間関係とか諸々ありまして、満了退職を選択しました。

人間関係…と言うか恐ろしい人がいました。面識の無い派遣で外に出ている方で、とにかく会社への忠誠心は社内一だそうです。
その方が僕(だけじゃないと思いますが)のFacebook(教えて無いし、社内で公開してないし、そもそも友達限定)やTwitter(鍵付き)等のSNSでの発言を「登録時」に遡って読み通して「彼の個人的主観」によって「危険人物」として僕を認定して、社長に報告しました。もう怖くて…どうやって読んだのやら…Facebookの友達や鍵付きTwitterアカウントのフォロワーさんを棚卸しました。

で、更に怖いのは、その報告を是として指導する経営陣。個人が主観で思った事を鵜呑みにして、前後関係も判らないで発言だけを取り上げて指導されましたよ、厳重に。

ね、怖いでしょ?

まぁ他にも「おいおい、これで大丈夫か?」と思う事も多々あって進言はしたのですが、本来は5月末に契約社員から正社員へ登用すると言う約束の下行われた面談で、それらを「大きなお世話だった」と言い、他にもあれやこれやと至らなかった(と、経営者)が感じている事をその場で纏めて提示されて、だから正社員にできない…と。

いや、まぁ至らなかった事はあるだろうさ。でもね、その時に指導してくれたら糺せるんだよ。それをせずに放置して「ほら、こんなにある!」って何か卑怯じゃないかなぁ…

で、退職を決意したら「会社の厚意で一ヶ月猶予をやる。有給も6ヶ月経過しているから10日付与するから、転職活動せぃ。」と。

ところがですねぇ…10社程度の面談を受けたのですが札幌は冷え込んでますねぇ…まず受託案件がほぼない。大手の老舗さんしか持ってない感じです。最近はNDAの関係よりもプライバシーマークの関係で切り出して持ち帰るのが難しいみたいですね。なので良くて構内請負、通常は派遣と言う感じらしいです。まぁ派遣しかないなら、派遣でも良しとしたんですが年齢と経験が邪魔をして「貴方をマネジメントできる人材は弊社におりません」と言う褒めてんのかどうか理解に悩む文言で全滅…

後11日(=僕の誕生日)に契約が終了してしまうので、もう転職はすっぱり諦めてフリーランスに戻る為に準備しなくちゃならんかなぁ…と思い始めています。まずはフリーランスのジョブマッチングサイトで以前から利用していたところの他に数カ所登録して、ポートフォリオを作成して実績掲載して…←サイト毎に様式が違うので、同じ事を別フォーマットで延々と書き換える作業の連続ですの。

とりあえず今日はサイトさんを検索して興味があって私に出来そうな案件なんだけど、詳細(=仕事の範囲)が明確じゃない案件に質問を送ったり、明確なものには応募したり…って感じでした。ぐったり。

さて、明日からまた午前は会社、午後から案件探しの日々です。

頑張るぞー!

コメントを残す