Final Cut Pro Xを買ったよ。

動画編集のお仕事があったので、Adobe CCのPremiere ProとAfterEffectsを使って作業をしていました。

AfterEffectsは何度も使っているので問題無いのですが、Premiere Proで動画編集をした事がありませんでした。

で、実際に使ってみるとFinal Cut Proに慣れている私にはインターフェースや編集機能の違い等に大きな違いがあって、時間がかかってしまう。と、言うか正直肌に合わないです。

好みの問題だし、数本作れば慣れるのかも知れませんが…映像制作で頂く料金に対して時間がかかり過ぎて見合わないのです。

で、長い目で見るとFinal Cut Pro Xを導入した方が効率的だと言う結論に達しました。今求められている動画については効果はテロップ程度なので、わざわざFCP Xから出力してAEでテロップを付けるのも非効率的なので、FCP Xと親和性の高いMotionも購入すべきですね。

と、言う事で昨日両者をMacApp Storeで購入したわけですが…FCP Xって噂には聞いていましたが、かなりインターフェース変わってますねぇ…でもPremiereよりはやはり使い易いです。

ただ問題が一点。素材として渡された動画はMTSなのでFCP Xでは直接取り込めませんでしたので、Pavtube MTS-M2TS Converterを購入してMTSからApple LossLessに変換する必要がありました。ちょっとした誤算と出費です(笑)

コメントを残す