Final Count Down

遂に40代最後の年齢になりました。

「四十にして惑わず」と言いますが、色々と惑わされっぱなしの40代でした。

「五十にして 天命を 知る」と言います。来年は天命を知る事ができるのかしら?

もう中年になってしまいましたが、心は若いつもりです。これからも宜しくお願いします。

Adobe Photoshop Lighroomが良くわからん

だってね。

同じ日に同じカメラで撮影した連続したコマの中の1枚だけが「認識できないフォーマットです」とか言うんですよ?

Apertureでは問題なく取り込めていたし、Photoshop CC(2014)でも問題無く開けるファイルが、何故Lightroomでは取り込めないのか不思議。

RAW画像の問題なのかLightroomのちょっとしたバグなのか切り分けできないし。助けて、エライ人!

1人時差ボケ

おはようございます。

と、言っても1時頃には目覚めてました。

最近、どういう訳か19時には猛烈に眠たくなってしまい、我慢していると寝落ちしちゃいます。

で、諦めてベッドに潜り込むと1時頃には目が覚めると言う…

そして今猛烈に空腹です。ホノルルは12時。お昼ご飯の時間ですね。

就寝や起床の時間を見ても体内時計はハワイになってるっぽいです。一度も行った事無いのに。

HAWAII-FIVE-Oとか観てるから?(笑)

今更ですが、iPadのUIActionSheetについて

iOSアプリ開発者の方には何を今更な話でしょうが…

iPadでUIActionSheetを表示する時にanimated:NOの場合、キャンセルボタンは定義してあっても表示されません。
これはアップルのガイドラインにも記述があります。UIActionSheet以外の場所をタップすれば消えるからです。

で、あるクライアントさんに頼まれてアプリを作ったのですが、キャンセルボタンが無いので、ToolBarのUIActionSheetを表示するボタンをタップして消そうとしたら、画面が暗くなったと報告が。

試してみたら、確かにその通りで…UIActionSheetを表示すると画面が一段暗くなるんですが、表示の為のボタンを再度タップするとUIActionSheetがもう一枚表示されて画面が更に暗くなります。UIActionSheetは同じ場所に表示されるので、2枚出ているとは気付かないんですね。

なので、iPadの場合、UIActionSheetを表示したら、ToolBarButtonItemはenabled=NOにしないと大変な目に遭います。

自分メモですね(笑)

桂宮殿下が薨去されました。なのに新聞と来たら…

桂宮殿下が薨去されました。

それなのに、新聞と来たら産経新聞以外は「薨去」の語を用いていません。

よくて「ご逝去」で朝日新聞は「逝去」と「ご」まで省いているし、本文では「亡くなった」と「お亡くなりになりました」とも書いていない体たらく…
続きを読む 桂宮殿下が薨去されました。なのに新聞と来たら…

Swift

WWDC 2014の基調講演で、新しい開発言語Swiftが発表になりました。

既にドキュメントもiBooksで入手可能で、ボチボチ読み始めています。

これは今までObjective-Cと言う、Smalltalkライクなオブジェクト指向言語からスクリプト言語への大きなパラダイムシフトです。

これをiOS 8がリリースされるまでに身に付けられるかどうかが、今後を大きく左右するでしょう。

iOS開発者として生き残るには、これから秋までが勝負です(`・ω・´)