iWork 09とMathType

を買うかどうか迷ってました。

と、言うのもPagesでMathTypeが使えるようになったのは嬉しい。これでWordの数式エディタ(と、言ってもMathTypeの廉価版なんだけど)の為だけにWordにしがみつく必要が無くなるから。

でも、講義等はKeynoteを使うので、こちらでMathTypeが使えないと不便極まりない。一々、MathTypeからEPSなりPICTなりで吐き出してはりつけかいな…

ここを確認しようとオンラインのアップルストアに電話で質問すると「できません」と即答…orz

でもなぁ…

続きを読む iWork 09とMathType

閏秒

今年は閏秒が挿入されました。

協定世界時(UTC)は、セシウム(Cs、原子番号55)原子時計が刻む国際原子時(TAI)を元として、世界時(UT1)であるグリニッジ標準時(平均太陽時)との差を±0.9秒以内におさまるようにした、人工時です。
この差の絶対値が0.8秒を超えると、UTCに1秒を加減して調整する仕組みが閏秒です。

調整するタイミングは6月末日または12月末日に行われて

  • 正の調整の場合23:59:59の後に23:59:60を追加
  • 負の調整の場合23:59:59を削除して23:59:58→00:00:00

となります。

今年は正の調整がなされました。UTCの23:59:59ですので日本標準時(JST)の場合は08:59:60秒が存在しました。