カテゴリー別アーカイブ: 大学

東大卒が全員こうだとは思わないけど…

先日、馴染みのPUBに行った時の事。

そのお店は店内禁煙で店外に喫煙コーナーがあって、そこで馴染みのエンジニアさんとオブジェクト指向について話をしていた時の事です。

その時は主にSmalltalk由来のオブジェクト指向とC++由来のオブジェクト指向の違いについて語っていたんですが、いきなり会った事も無い若者から「ねぇ、じいさん。オブジェクト指向にメッセージなんて無いのに嘘を付くのはやめてくんない?」といきなりの暴言が…

しかも、その若者は壁にもたれかかってと言う失礼な体制。

当然の様に私たちは無視して話を続けていたのですが、いきなりその若者が歩み寄ってきて僕の胸ぐらを掴んで「おい、じいさん、人を無視するな!」と…

さすがに腹が立ったので、手を払いのけて「初対面の年長者に『おい、じいさん』って言い方は失礼じゃないかい?しかも胸ぐらを掴むとか、どんだけ非常識なんだよ!」と言い返した後に唖然としました。

「だって、あんた普通の人じゃん。俺は東大卒で外資系の会社に勤務してる選ばれた人間なんだから、あんたなんか見下して当然でしょ?」とほざきやがった(笑)

それを聞いていた周りの外人が一斉に「俺はハーバードだ!」「俺はコーネルだ!」「私はケンブリッジよ!」と大騒ぎ(笑)←全員嘘ですよー(笑)

そしたら、その若者が「証拠あんの?」と言ったもんだから「じゃぁ、まずお前さんが東大卒だって証明すんのが先だろ?だいたい、出身大学なんて関係ないじゃん。それは過去のもの。今はただの若い社会人だよ。お前さんより社会経験を積んでいる人達相手にその態度がそもそも『人として非常識なんだよ!』と」…

その時にその若者が「だって、このじいさんはオブジェクト指向にメッセージなんて、有り得ない話をしてるじゃん」と言ったら、皆が「はぁ?お前さん、何言ってるの?お前さんの知ってるオブジェクト指向の基本思想を言ってみろよ」と(笑)で、若者は蕩々とC++由来のオブジェクト指向を語ったもんだから火に油を注いでしまいました。

あるイギリス人が「あのね、そもそも『オブジェクト指向』って言うのはアラン・ケイの開発したSmalltalkを表す為に作られた造語なんだよ?」と言ったら「Smalltalk?何それ?大学で習ってないよ?嘘の概念を勝手に作らないでよ。だから学の無いやつらは…」と言ったもんだから大騒ぎに(笑)

「じゃぁ、大学で君が習っていない事は全部嘘の概念って理解してるのね?君は何を学んで来たの?応用電子演算?じゃぁ、君にとっては素粒子論も一般性相対性理論も嘘の概念って意味なんだね?」と言ったら「そうだね」と。←この時点で反省しないあたりがおバカさん(笑)

「君は大学で一体何を勉強してきたの?知らない事・判らない事を探求するのが大学でしょ?」と激怒していたオージーが突っ込むと「必要な知識の暗記。暗記した事が全てだよ。」

「じゃぁ、君は数学の公式は暗記するの?公理や定理から公式を導き出せるんだから、公理や定理は『理解して覚える』もので暗記とは違うよ?」
「そんなの面倒でしょ?俺くらい頭が良ければ、暗記していた方が早いじゃん」
「じゃぁ、その『暗記』していない問題にぶち当たった時は?公理や定理を使って解を導かないの?」
「それは問題が間違えてるんだよ」

等と言う不毛な議論が1時間…外人はディベート好きだから最初は面白がってからかっていたけど、我慢の限界に達したらしく、皆がジョッキのビールをそいつに浴びせかけた(爆笑)

そいつは呆気にとられて、言い返す事もなく帰っていきました(笑)

その後、外国のお友達から「東大ってあの程度なの?」と質問攻めに(笑)

はぁ、東大ってバカ製造器なの?

公開講座最終日

今日で8週に渡った公開講座が終了になります.

前半4回はPhotoshop初級編として,Photoshopの基本操作・レイヤーの概念・選択範囲の概念と各種作成方法・色調補正の概論を講義しました.

後半はPhotoshop中級編として,主に人物のレタッチ手法について,肌の場合はこう・唇はこう・目はこう…と言う感じでパーツ毎のレタッチ手法を講義しました.

最終日の今日は,陰影による表情のコントロールを講義します.その後,全てのテクニックを駆使して人物写真を最適と思う状態に仕上げてもらう総合演習を行います.

受講生の皆さん,頑張ってください!

限りある資源を大切に

と、言っても小難しいエコロジーのお話ではありません。
さっき、プリンターに用紙補給している時に急に思い出した昔の教え子の話。
本学では、学生が一年度の間にプリンターから印刷可能な用紙数に制限があります。まぁ、エコロジーの観点もあるし、自宅にプリンターが無いからと言って学業に関係無いものをガンガン印刷されても迷惑ですしねぇ。

続きを読む 限りある資源を大切に

blank paper

昨日、仕事が終わってから大学の試験の採点をやりました。
あれだけ「スライドから出題する」「ノートはきちんと取っておくように」「試験持ち込み許可物は自筆ノートのみ」と何度も口を酸っぱくして言ったにも関わらず、試験当日には何も持ち込まない猛者がたくさんいました。
きちんとノート数冊を持ち込んでいる学生もいれば、メモ用紙数枚の学生も…この課目に対すると言うか、私の講義に対する姿勢が見えるかの様で寂しくなりました。

続きを読む blank paper

まったく最近の学生は(プンプン)

現在、僕が担当している課目はメディア・リテラシー。内容は多岐に渡るので、時間があればじっくり書きたいと思います。
シラバスとしては、前半は教科書中心、後半は僕のオリジナルスライドの予定でいます。
で、前半は「教科書に線引いてねー」「線引いたところは必ずノートに転記してねー」「試験持ち込み許可物は自筆ノートのみ、印刷物の添付はダメですよー」と散々言ってるんですが…

続きを読む まったく最近の学生は(プンプン)

いやぁ、参った(笑)

『某学校の先生方に「論文集」をInDesignで作る為の講習』をしてくれないかと言う依頼がありました。もちろん、喜んでお引き受けしました。
土曜日一日使って40ページ弱のInDesignで新規に書類を作るところから、校正印刷・下版データ作成までの一連の流れのマニュアルを作成しました。僕、マニュアル作成好きかも♪

続きを読む いやぁ、参った(笑)

ドキドキの新学期

新年度に入り一週間が経ちました。
入学式の話題も聞こえて来るようになりました。
私も来週月曜日から、職業能力開発大学校での英語の講義が始まります。
科目の名称は工業技術英語なのですが、内容は目指せTOEIC SCORE400です。
対象となる学生は2年生なので、英語教育から1年以上遠ざかっていた学生ばかりなので大変です。特に、高校までの英語の授業では耳にする機会が限られていたか、無かったであろうネイティブスピーカーのTOEIC模試のCDを聴かされるのだから、たまったものではないと思います(笑)
もちろん、その前段階として僕と英語で会話して非ネイティブの英語とでボキャブラリを少し増やしていってもらいますし、僕もある程度の発話能力はあるので、英語耳に少しずつ鍛えていきます。
後半はそれに加えてREADINGセクションのレッスンも始まります。こちらは辞書にかじりついての読解練習になります。とにかく数をこなす事、反復する事で語彙を増やすしか対策方法がありません。
また白髪が増えるんだろうなぁ(笑)